第5回フクシマ現地調査(浪江町津島地区)=帰宅困難区域  
       
  浪江町津島=帰宅困難区域へ初めて入った   
       
       
浪江町町役場、いまは役場の
ほとんどは二本松市に避難している。 
帰宅困難区域に入るには厳重なチェック。事前の車と人の登録が必要。身分証明書の提示も必要 大柿地区  今回最高値6.658μGy/h
     
  赤宇木地区で   
       
   
赤宇木地区  除染してあるので
放射線量は低い。 
 放射線汚染物を保存 かつての田んぼ。柳が背丈以上に生い茂っている  
       
  浪江高校津島分校  
       
     
津島分校の入口 校舎と校庭の間 4.943μSv/h 校舎はかつて避難所として使っていた     校庭に自然に松の木が生えてきた  
       
  津島中学校   
       
       
津島中学校の窓には避難所の
連絡先を書いた張り紙が 
校舎内 津島中3つの誇りの張り紙が貼ってある  かつてこの庭にもフレコンバッグがいっぱいおかれていた  校庭 0.947μSv/h 
       
  今野家周辺   
       
       
津島原告団長の今野秀則さんの自宅(旅館と倉)の前で   今野さんの本家、一時帰宅のたびにうらみの張り紙を張っている 
  「放射能体験ツアー大募集中!! 
楽しいホットスポットめぐり 東電セシウム観光 」 など